子供が楽しく通える歯医者|歯医者は定期的に通うことが大切!歯を美しく保つ方法

子供のうちから歯医者を好きにさせるには何をするべき?

歯医者のイメージを良くしよう

歯医者は痛いことをされる場所など、悪いイメージを持ったままでいると、大人になってからも歯医者に通うことが億劫になってしまう可能性があります。そうならないためにも、子供のうちから歯医者さんは良いところというイメージを持たせるために、子供を歯医者好きにする方法をこちらで学んでみてはいかがでしょうか。

子供を歯医者好きにする方法BEST3

no.1

怖いという先入観を与えない

子供を歯医者好きにさせるためにできることの第1位に選ばれたのは「怖いという先入観を与えないこと」です。歯医者は大きな音を立てて治療を行ったり、麻酔をするために注射をしたり、痛くなった虫歯の治療を行うためにどうしても痛いというイメージを持ってしまいます。しかし、それを子供に伝えてしまうと歯医者さんは怖いところというイメージが出来上がってしまうため、よくありません。子供を歯医者好きにさせるための第一歩として、そのうようなイメージは与えないようにしましょう。

no.2

歯医者さんの遊びを取り入れる

第2位は「歯医者さんの遊びを取り入れる」です。普段の遊びとして歯医者さんごっこを取り入れることで歯医者さんに親しみを持たせることができます。また、子供同士で歯医者さんごっこをすることで虫歯を退治することや、楽しいというイメージを与えることができるというメリットもあります。

no.3

治療が終わったら褒めてあげる

「治療が終わったら褒めてあげる」は第3位です。子供が歯医者での治療中に嫌がって泣いてしまった場合でも、きちんと最後まで治療を終えることができたらめいいっぱい褒めてあげるとよいでしょう。また、終わったら言葉で褒めてあげること以外にも、一緒に遊んだり読み聞かせをしたりなど、なにかご褒美を与えてあげるのもおすすめです。

子供が楽しく通える歯医者

子供と大人

虫歯が酷くなる前に通うことが大切

虫歯は、状態が悪くなればなるほど治療に時間もかかり、痛みも生じてしまいます。しかし、虫歯が酷くなる前に歯医者に行くことで痛みも少なく、時間もかからない治療を行うことができます。
定期的に虫歯が無いかチェックするために歯医者に通うことができていれば、歯医者さんは痛い治療を行う場所ではないというイメージを子供に持たせることができるのではないでしょうか。松戸にお住まいの方は、子供も通いやすい歯医者を探してみましょう。

約束事をしない

子供が歯医者に行くのを嫌がるからといって、「今日は歯を見るだけ」「痛い注射はしないよ」などと治療前から子供に伝えてしまうと、いざ治療となったときに注射や痛いことをされてしまったら、親の言うことに不信感を抱いてしまい、余計に歯医者が嫌いになってしまう可能性があります。
そうならないためにも、治療内容がわからない場合や初めて歯医者に行く場合は、約束事などはしないようにしましょう。

広告募集中